「加瀬大輝」の記事一覧

「加瀬大輝」の記事一覧

浪人継続でグダっている俺の世話してくれている後輩を襲って愛想つかせようとしたのに...w

【エロ漫画】浪人継続でグダっている俺の世話してくれている後輩を襲って愛想つかせようとしたのに…w【オリジナル】

後輩が、いや、元後輩が家にやってきました。後輩だったのですが、彼女が先に大学に合格してしまったのです。かたや浪人継続。立場が逆転してしまいました。それは別にいいけど、さすがに二浪になると心も折れてしまう。グダグダと凹んでいたのですが、そこに後輩がやってきました。なんかご飯を作ってくれるらしい。よく世話を焼いてくれるのですが、もうこんなダメ男と関わっていてもいいことないだろう。ってことでエロいことして放流しようとしたのですが、むしろ喜んじゃって...w
清楚で通っている学校の先輩が卑猥なことをしているデータを入手して変態下着を強要!w

【エロ漫画】清楚で通っている学校の先輩が卑猥なことをしているデータを入手して変態下着を強要!w【オリジナル】

清楚で有名な学校の先輩が学校でオナニーしているデータを入手しました。まさかのことだったのですが、チャンスです。先輩は毎日のように引きこもっている自分を訪ねてくる。家で二人きりになる。そこでこのネタを使って脅迫してしまえば、あの憧れの先輩を好きなようにできる。とりあえず脅迫して変態下着に着替えてもらいます。そのまま言いなりにして犯してやるのですが、どうにも先輩の様子が嬉しそうで、それが罪悪感を駆り立ててきてしまい...w
清楚で評判の先輩が学校でオナっているのを知ったからメイド服でセックス強要してみたんだが...w

【エロ漫画】清楚で評判の先輩が学校でオナっているのを知ったからメイド服でセックス強要してみたんだが…w【オリジナル】

学校で清楚と人気の先輩が、まさか校内オナニーするような淫乱女だったなんて。好きだったのにショック。でもチャンスでもある。その動画を脅迫材料にしてメイド服を着せ、奉仕させてやることに。ほらほら、これが欲しかったんだろ?とばかり襲いかかる後輩くん。先輩もなんだかんだ言って感じてしまっています。この淫乱女め。ショックだけど超興奮するじゃないか。そのタイミングで電話が。見ないでと言われたので見てやると、なんと待ち受けが俺の写真じゃないか!実は先輩がオナニーしていたのは...w
【エロ漫画】後輩だったのに自分より先に志望大学に合格した女の子が変わらず慕ってくれているからwww【オリジナル】

【エロ漫画】後輩だったのに自分より先に志望大学に合格した女の子が変わらず慕ってくれているからwww【オリジナル】

家で腐っていたら後輩がやってきました。いや、元後輩か。高校の後輩だったのですが、一浪して同じ大学を受けて、彼女だけ合格して後輩ではなくなってしまったのです。めちゃんこ可愛い子ですが、そのこともあって最近は会っても素直に接することができずにいます。それでも久しぶりに会いにきてくれた彼女。ひきこもっているのを心配して料理を作りにきてくれたらしいですが、腐っている先輩はその後ろ姿にムラっときてしまって...w
【エロ漫画】憧れの先輩の校内オナニーを撮影した後輩がエロ下着メイドコスを強要するも、実は彼女は...w【オリジナル】

【エロ漫画】憧れの先輩の校内オナニーを撮影した後輩がエロ下着メイドコスを強要するも、実は彼女は…w【オリジナル】

成績優秀で品行方正な先輩が、まさか学校でオナニーしていたなんて。過去に母親のことで女性に対して嫌な気持ちを持っていた男は、これで女はダメだと確信します。だから脅迫してやることいしました。二人だけの秘密にするから、これに着替えろ。出したのは下着のようなエロメイド服でした。なんという紳士なのでしょうか。血は争えない。憧れの先輩の卑猥な姿にむしゃぼりつく彼ですが、実は先輩が自分のことを想ってくれていたこと、そして校内でオナニーするほどエッチだったこともあり...w
【エロ漫画】浪人してやさぐれている俺のことを気にかけてくれる後輩を襲って愛想つかせようとしたのに...あれ?【オリジナル】

【エロ漫画】浪人してやさぐれている俺のことを気にかけてくれる後輩を襲って愛想つかせようとしたのに…あれ?【オリジナル】

いつもニコニコ顔で家にやってくる後輩がいます。しかし、いまでは先輩に...いや、先輩ですらない。志望する大学に一発合格した彼女と、その大学に二回も轟沈している男。浪人と大学生。元先輩と元後輩。それでも先輩と慕って家にきてくれます。こちらとら浪人やさぐれでニートになっているのに。少し惨めです。嫌じゃないけど。ただ、これが続くのもダメだと思い、いっそのこと嫌われようと襲いかかってみます。こんな最低男とは縁を切るだろう、と。しかし彼女はニコニコを崩さず...。

ページの先頭へ HOMEへ