整備不良で男湯が使えなくなってしまいました。提督にとっては一日の楽しみです。これがないと生きている意味が半減してしまうほどの大問題。すると特別にドックを貸してもらえることになりました。決して提督を気の毒に思ったのではありません。汚い手で艦娘に触れられては困るからです。...凹むわ。何はともあれお風呂に入れた提督は満足満足...のはずが、なんとドックにはごーやが潜んでいたでち。万一のことがあったら確実に滅殺されるのが提督というものです。万一のことがないように、さらにバレないようにするもごーやは悪戯をやめず...w