「藤ノ宮悠」の記事一覧

星の数ほどあるエロ動画サイトをまとめたアンテナサイト【エロリ】OPEN!!登録サイト大募集中!!!!
新着記事
おすすめ記事

「藤ノ宮悠」の記事一覧

【エロ漫画】普段はクールな幼なじみのお姉さんが他の男に愛想笑いしていただけで暴走してしまう思春期男子www【オリジナル】

【エロ漫画】普段はクールな幼なじみのお姉さんが他の男に愛想笑いしていただけで暴走してしまう思春期男子www【オリジナル】

どちらかというと無表情でぶっきらぼうな幼なじみのお姉さんが、知らない男と自宅の前で笑顔で別れているのを見てから心中穏やかではありません。ずっと好きだったのに他の男に普段は見せないような笑顔を見せるだなんて。あんな光景を見ることになるなら一緒の学校になんて行きたくない。悩んだ彼の成績は急降下します。それを心配した親がお姉さんに勉強を見てあげて欲しいとお願いします。どうしたの?と心配するお姉さんは彼の言葉を聞いて愛想笑いだと言うも信じてもらえず、面倒くさくなって押し倒します。
【エロ漫画】幼なじみの女装姿が可愛すぎてついイジメたくなってしまう女の子が成長したチン○で素直になるwww【オリジナル】

【エロ漫画】幼なじみの女装姿が可愛すぎてついイジメたくなってしまう女の子が成長したチン○で素直になるwww【オリジナル】

幼なじみに勉強を教えるも頭が悪いので全然進まない。そんな子にはお仕置きが必要です。めちゃんこ可愛い幼なじみで、女の子ものの服が似合いすぎていますが、彼女は男です。そんな彼が可愛すぎてついついイジメてしまうことに悩んでいる。本当は大好きでイチャラブしたいのに、可愛く喘ぐ姿を見ていると女王様のようにしてしまう。今日こそはと思うも、いつもの癖でイジメるだけ。しかし今日はチン○がポロリしました。それは昔と違って大人チン○で...w
【エロ漫画】幼なじみのお姉さんに告白して撃沈されるも意外と軽ノリで処女捨てたいとか言い出したからwww【オリジナル】

【エロ漫画】幼なじみのお姉さんに告白して撃沈されるも意外と軽ノリで処女捨てたいとか言い出したからwww【オリジナル】

親が不在のときは隣家のお姉さんが面倒を見にきてくれる。そのお姉さんが昔から大好き。本編中でも明言されていますが、お約束です。しかし他のエロマンガと違って脈がない。しかも脈があると勘違いしてしまう。お姉さんは彼のことを完全に弟としか見ていません。家族としては大好き。おっぱい揉んじゃった勢いで告白したら完膚なきまでにフラれてしまいます。それでも諦めきれないと言うと、なんとセックスしてみる?と。処女らしく、嫌じゃない人で捨てておきたかった、と。お姉さんの意外な一面を知ってしまい、思い出としてエッチをするのですが...。
【エロ漫画】自分に自信を持てない後輩の一言で多大なるショックを受けた生徒会長と仲直りのイチャラブエッチwww【オリジナル】

【エロ漫画】自分に自信を持てない後輩の一言で多大なるショックを受けた生徒会長と仲直りのイチャラブエッチwww【オリジナル】

誰がどう見ても付き合っていると思うほど仲のいい生徒会長とその後輩くんですが、本人同士はまだ告白していないというまどろっこしい関係です。それもこれも後輩くんが自分に自信を持てていないのが悪い。自分と会長じゃ釣り合わないですよ、というダメ発言をしたのを会長に聞かれてしまい、涙目になった会長は保健室に逃げてしまいました。他の生徒会メンバーの大ブーイングでようやく決意を固めた彼は、保健室で告白してイチャラブエッチします。
【エロ漫画】スカート捲り常習犯の幼なじみ対策にブルマを導入したら余計に興奮させてしまい...www【オリジナル】

【エロ漫画】スカート捲り常習犯の幼なじみ対策にブルマを導入したら余計に興奮させてしまい…www【オリジナル】

小さい頃からスカート捲りばかりしてくる年下の幼なじみに悩んだお姉さんが、対抗策としてブルマを着用することにしました。ブルマ・オン・制服。その魅力はパンティーを上回るということを理解していないのでしょう。いつも通りスカート捲りしてきた幼なじみにドヤ顔を決めるも、彼は鼻血をダラダラと垂らして失神寸前に。ブルマの方が興奮させてしまったようです。そんな幼なじみの紳士気質、そしてブルマハァハァの勢いに負けてしまい...w
【エロ漫画】スカート捲りしてくる幼なじみに対抗してブルマを穿くようにしたら完全に逆効果だったwww【オリジナル】

【エロ漫画】スカート捲りしてくる幼なじみに対抗してブルマを穿くようにしたら完全に逆効果だったwww【オリジナル】

年下の幼なじみに毎朝のようにスカートを捲られ、純白のパンティーを披露させられているお姉さんが、ブルマという絶対防御アイテムで対抗します。パンツじゃないから恥ずかしくないもん。興奮もしないでしょ?と思ったらボタボタと鼻血を垂らしていました。そう、彼はブルマ大好き野郎だったのです。パンティーなら面白がる余裕もありますが、ブルマはホンマに興奮してまう。ブルマへの並々ならぬ愛を語る彼、ついでに告白のようなこともされてしまったお姉さんは...www

ページの先頭へ HOMEへ