聖魔族の生誕祝賀パーティーに招待されました。豪華な面々が集まるらしく、さぞ素晴らしいパーティーなのでしょう。期待に胸を膨らませて、いざ会場へ!しかし目に飛び込んできたのは、既に始まっている乱交パーティーの絵でした。もはや何を祝っているのか、生誕パーティーで新たな子種を宿すことしか考えていない。触手でアヘる者、チン○でアヘる者、二穴挿入は当たり前。強烈な乱交パーティーを前にして普通に脱ぎだすアーク、そして...w