天龍ちゃんの魅力は、その純粋なところでしょう。脳筋というか、ポンコツというか、このエロ同人誌の龍田さんは総合してバカと言っていますが、愛すべき存在です。格好いい系で近づきがたいと思わせておいて子どもからも懐かれるタイプ、そしてそれをなんだかんだ言いつつ楽しんでしまう...というのはこの作品と全然関係ない妄想です。とにかく出撃したい天龍ちゃんが出撃するも、案の定敗北してしまい、その愛らしさに我慢できなくなった提督に大破させられてしまうという内容です。