DOAの女天狗本です。すべては妾の戯言なり。戯言でも構いません。爆乳の女天狗様が抜いてくださるのであれば、たとえ連射であろうと挿入させていただきたい所存。それにしても痴女だな。そして痴女であってもまったく違和感がないな。お色気の権化みたいだ。快感には溺れていて堕ちているようにしか見えないのに、それでも堕ちてないように見えるのも女天狗様ならではです。いや、まぁ、完全に堕ちてますが...w