夜道を帰っていた加賀野愛ことアイたんがゆらぎを見つけます。いや、待ち伏せされていた。とっとと殺させてもらうぞ、というフラグでしかない言葉の後に変身しますが、尺の都合上、一瞬で触手に囚われ犯されてしまいます。何もできずに犯されてしまったアイたんは変身まで解かれてしまう、ただひたすらに陵辱されます。さすがです、アイさん。それでこそアイさん。我らがアイたんは、期待を裏切らない。