小説を読みながら通学電車に揺られるのが日課の女の子が痴漢に合います。大人しいタイプなので抵抗も声を出すこもできず、次の駅で逃げるしかできませんでした。でもトイレでパンツを見ると濡れていた。気持ちよかったんですね。認めるわけにはいかない。そこにタイミングよくお札が降ってきました。痴漢男の仕業です。気持ちいいからじゃない。お金のため。次の日も同じ場所に乗って痴漢を受けていると、関西弁の友達と偶然乗り合わせました。友達に知られるかもしれないと思いながらイってしまった彼女は、さらに翌日、ノーパンで乗り込み...。