なにかとお願いされることが多い隣家の美人妻。今日は目覚めると膝枕されていました。電球の交換を手伝っていたのですが、その時に転んで気絶してしまったようです。真夏のクソ暑い部屋ですが、なんという極上の目覚め。もう少しこのままでいいですか?と聞くも、困られてしまったので起きようとします。しかし、もう少しだけなら、と頬を染められました。これは期待していいでしょう。そして期待どおりの展開になります。ただ、少し夢中になりすぎてしまったようで...w