実の姉を女として見てしまっている弟の苦悩は計り知れません。家族だからと気にせずにバスタオル姿でウロチョロするのなんて日常茶飯事です。好きな女(しかもスタイルがいい)の最強レベルにエロい姿を見せつけられているのに、手を出すのはご法度なんて男として死んでしまいそうです。なんとかオナニーで苦悩ごと吐き出している日々。しかし思わず大声で名前を叫びながら射精の瞬間を迎えてしまったせいで、呼ばれたと勘違いした姉が部屋に入ってきます。姉の名前を叫び、穴のパンツを嗅ぎながら、どう見ても言い訳できない状況で射精した弟は、人生の終わりを迎える...はずだったw