風邪を引きました。幼なじみがお見舞いにきてくれました。サボって待った甲斐がありました。しかし彼女が心配するのは俺ではありません。Pちゃんです。Pちゃんというのは俺のチン○です。俺のことはどうでもいい。Pちゃんが無事かがどうかしか心配していません。Pちゃんが元気なら本体はどうでもいい。Pちゃんは異常ないみたいだからフェラしてあげよう。しかし、Pちゃんへの嫉妬心とフェラへの慣れから勃起しません。そんな女に勃起するか!と萎えチン状態で宣言しますが、メガネを外して全裸になった幼なじみが女としての魅力に溢れすぎていて不覚を取ってしまいます。