大学生の姉に誘われて実家の神社の地下に入っていく妹。そこには祟り神が封印されていました。怖いもの知らずだった姉も地底湖に辿り着いた瞬間に起こる異変に不安を覚えます。しかし時既に遅し。姉の身体にまとわりついてきた触手で服を破かれていき、無残にも触手で陵辱され、中出しされてしまいます。次はお前だ!と妹にターゲットを定めた祟り神。しかし妹に触れると触手が消滅してしまいます。妹はお守りを持っていたのです。これで助かる...と思ったら祟り神に身体を乗っ取られていた姉が...。