とある生徒が教師のことが好きすぎて過度な誘惑を繰り返しています。この年代特有の軽さ、そして嘘くささ。階段でわざと早く登ってパンチラさせるだけでなく、紐パンを外してケツ丸出しにするなんて、誘惑ではなくイタズラとしか感じられません。それでも彼女は先生のことが本気で好きだと言います。信じる信じないではなく、それはいかん。先生として諦めさせてやらないといけない。でも引きません。本気だと言い続ける彼女に先生も決意を固めて大人として抱いてやるのですが...w