いつもの通学バスで、いつもの痴漢に、いつものように触られる。こんなの、もう、我慢できない。今日こそは、今日こそは...――涙を溜めながらJKが痴漢の手を取ります。そして「今日こそは、最後まで...して...ください...」...そっちかー!!!なんていけない子なんでしょうか。我慢していたのは自分の欲望の方だったんですね。痴漢されるのが嫌なのではない、最後までしてくれないのが嫌なのだ。こんな痴女JKが乗っていると思うとバスの運転手も気が気じゃないでしょう。運転手は登場しませんが、痴漢リーマンとバスの後部座席で最後までシちゃいます。