片想いにふんぎりをつけようと告白したら、彼氏持ちだったという最悪の振られ方をしました。いつも行く飲み屋で若女将さんに慰められるも、根本問題である片想いの相手は若女将なんですよね。でも結婚している。だから踏ん切りをつけたかったのに...ただ、それは間違いでした。指輪はしていますが、これはあくまでも他の客を避けるため。本当は若女将だった彼のことが好きなのに対策が完全に裏目に出ていました。やけ酒しすぎて閉店後も起きない男のためにしばらく店に残ることにする若女将ですが、泥酔して暴走する彼に無理やり迫られ、何度も告白されて遂に成就します。