令嬢でありながらRQもしている。なんでも手に入る。なにも不自由がない。そんな彼女ですが、自分ではどうしても手に入れられないものがあります。それはレースのトロフィー。どうしても欲しい。だけど、どうしようもない。ただ、方法はある。優勝候補にトロフィーを貢がせればいいのです。しかし、その候補は父親から八百長を持ちかけられていました。普通では不可能。それでも今回はいけました。だって彼がルーチンワークとしてシコっていたのだから...w