閉店後の銭湯で一人のんびりと貸し切り風呂。自宅の風呂が壊れたから幼なじみの実家の銭湯で風呂を借りているのですが、これが悪くない。むしろいい。しかも今日は男の裸が苦手なはずの年下の幼なじみが既に掃除を始めている。お互いに昔から見ているし別にいいだろうとお湯をかけて遊ぼうとしますが、Tシャツから透けたおっぱいは思いのほか成長していました。ガッツリ怒られるのも覚悟しましたが、幼なじみは背中を流してあげると。そしておっぱいを押し付けながら洗い始め、さらにはチン○に触れてしまい...w