「ローファイサイクル」の記事一覧

「ローファイサイクル」の記事一覧

記憶がない状態で目が覚めたらいた彼女と名乗る女の子とイチャラブしてしまうwww

【エロ漫画】記憶がない状態で目が覚めたらいた彼女と名乗る女の子とイチャラブしてしまうwww【オリジナル】

起きたら記憶がなくなっていました。どういうことだ。そしてパジャマ姿の女の子がいる。誰だ。何者だ。彼女らしい。しかし彼女がいたという記憶はない。記憶がないから当然だけど、なんていうか、彼女がいるという感覚がないというか。彼女なんていたのか。わからん。でも可愛いし、料理もうまい。献身的で自分のこともよく知っている。これは彼女で間違いない。そう思って誘惑されるがままセックスしてしまうのですが、終わってからすべてを思い出してしまって...w
記憶を失った状態で目を覚まして彼女と名乗る女の子とイチャラブエッチしてしまうも、その正体は...w

【エロ漫画】記憶を失った状態で目を覚まして彼女と名乗る女の子とイチャラブエッチしてしまうも、その正体は…w【オリジナル】

朝起きるとやたらと重いハンマーがありました。なんだこれは。俺は誰だ。そして隣で寝ているパジャマの可愛い子も誰だ。記憶がない。記憶喪失になってしまったらしい。そしてこの子は彼女らしい。自分のことをやたらと知っているので、どうやら間違いないようだ。ただ、彼女と言われても実感がない。彼女なんていたっけな。思い出せない。彼女である証拠にエッチもさせてくれて、超相性がいいこともわかった。そしてようやく思い出すも...w
記憶をなくして目を覚ましたら彼女と名乗る巨乳の女の子が!イチャラブエッチするも、この罪悪感は...w

【エロ漫画】記憶をなくして目を覚ましたら彼女と名乗る巨乳の女の子が!イチャラブエッチするも、この罪悪感は…w【オリジナル】

朝起きると10トンハンマーがありました。なんか頭が痛い。なんだろう。隣には可愛い女の子がいる。誰だろう。思い出せない。自分のことすら思い出せない。なんでも記憶喪失になっているらしい。だから彼女である私がつきっきりで看病してあげる、と。ふむ。彼女なんていただろうか。思い出せない。でも言葉どおりちゃんと世話してくれて、エッチまでしてくれる彼女が彼女じゃないはずがな...あったwww
【エロ漫画】記憶をなくして彼女と名乗る女の世話になるもまったく実感がなく、でもエッチはしちゃって...w【オリジナル】

【エロ漫画】記憶をなくして彼女と名乗る女の世話になるもまったく実感がなく、でもエッチはしちゃって…w【オリジナル】

朝起きたら知らない女性が隣で寝ていました。知らない女性というか、記憶がない。飛んでいるというか、なんというか。この女性が誰なのかもわからない。彼女と言っていますが、あまり実感がありません。あれ?彼女いたっけ?とりあえず記憶がないので世話になるしかなく、不思議と気を使わない自称彼女と仲良く朝ごはんを食べます。たしかに、これだけ気を使わないなら彼女なのかもしれない。誘惑してくる彼女に従ってセックスしてしまいますが...w
【エロ漫画】頭を打って記憶喪失になった男が自分のことを知りすぎている自称彼女とイチャラブエッチするも...w【オリジナル】

【エロ漫画】頭を打って記憶喪失になった男が自分のことを知りすぎている自称彼女とイチャラブエッチするも…w【オリジナル】

頭痛とともに目覚めると、何も思い出せなくなっていました。記憶喪失というやつです。10tハンマーがありますが、何も思い出せません。そんな彼の目に飛び込んできたのはワイシャツ一枚の女性でした。誰でしょうか。彼女らしいです。なるほど彼女か。彼女なんていた記憶はありませんが、記憶喪失なので、その記憶がないことにも自身が持てません。ただ、自身の好物や弱点を知り尽くしている彼女の様子から、彼女としか思えません。朝ごはんを食べて当然のようにイチャラブする二人。しかし終わってから記憶を取り戻してしまい...www
【エロ漫画】記憶喪失状態で目を覚ますと彼女と言い張る美人と同棲していたんだが、どうにも違和感しかなくて...ハッ!【オリジナル】

【エロ漫画】記憶喪失状態で目を覚ますと彼女と言い張る美人と同棲していたんだが、どうにも違和感しかなくて…ハッ!【オリジナル】

朝起きると記憶喪失になっていました。布団には例の10tハンマーが。なんだこれ。俺は誰だ。そして一緒の布団で寝ていたこの女の子は誰だ。よくわからんが話しを聞くと、この子は彼女らしい。同棲しているらしいこと、大学のことなど、色々と親切に教えてくれます。それについて疑問はありませんが、どうにも実感がわからない。記憶がないとこんなもんなのか。そんなことを呟くと彼女は突然おっぱいに顔を押し当ててきました。まったく見に覚えはないが、おっぱいに男が反応してしまい、セックスしてしまいます。そう、それは妹とは知らずに...w

ページの先頭へ HOMEへ