ある寒い日に一人で鍋でも食べて温まろうと思い鍋を作って食べてたら、ふと気づくと玄関に知らない女の子が座ってるじゃないかw同たらお腹を空かしてるみたいなので、この寒い中追い返すのも可愛そうだと思い、一緒に食べることにw食べたら帰るんだぞ!と言うと、旅をしてるから買えるところがない!と言う女の子wなんか訳ありなんだろうと思いあまり深く効かないことにして泊めてやることにしたら、さっさと一人で風呂に入り一つしかない布団を占領して寝てる女の子wだがその無防備な寝姿を見て興奮してしまいおってやろうと思ったら、震えた声で優しくしてくれたからなにしてもいいよ!と言い出すではないか!抑えることができなくなった男は女の子の身体を好き放題弄るとマンコがビショビショにw