「冬の紫陽花」の記事一覧

新着記事
おすすめ記事

「冬の紫陽花」の記事一覧

【エロ漫画】寝取られることに愛を感じるようになってしまった夫婦の幸せな末路...【オリジナル】

【エロ漫画】寝取られることに愛を感じるようになってしまった夫婦の幸せな末路…【オリジナル】

冬の紫陽花のエピローグです。元教え子の部下に寝取りセックスをされ続け、その映像を旦那も見てしまい、二人して寝取られに堕ちてしまった夫婦。今日も妻は見知らぬ男と乱交に明け暮れ、旦那はそれを見てシコっている。それでも二人は以前よりも強い絆で結ばれています。光悦した表情でお互いを想い合う夫婦。とても幸せそうに見えますが、こうはなりたくない。こうなってはいけない。それでも何だか羨ましくも思えてしまうという、実にモヤモヤした感情を与えてくれるエロ漫画です。
【エロ漫画】部下に寝取られている妻のエロ画像を見た夫は偽物と信じながらも新たな快感に目覚めていき...【オリジナル】

【エロ漫画】部下に寝取られている妻のエロ画像を見た夫は偽物と信じながらも新たな快感に目覚めていき…【オリジナル】

冬の紫陽花の最終話です。家庭教師時代の元教え子の部下に寝取られていく人妻OLの物語の最終話です。なんとネットに人妻OLのエロ画像サイトがアップされています。そしてそれを旦那も見ることになります。コラージュだと聞かされていても、何度も何度も見てしまう夫。どうしても気になって何度も何度も見返してしまう夫。同じ時、妻は部下との不倫を動画で配信されていました。そのページに移動した夫。画面の中で寝取られて堕ちていく妻を見ながら、夫は...。
【エロ漫画】インテリ人妻OLが旦那と息子と電話しながら部下に寝取られて「あなた、ごめんなさい...」【オリジナル】

【エロ漫画】インテリ人妻OLが旦那と息子と電話しながら部下に寝取られて「あなた、ごめんなさい…」【オリジナル】

家庭教師と教え子から上司と部下として再会した人妻と男の不倫エロ漫画・冬の紫陽花の第三話です。酔った勢いで部下と関係を結んでしまい、その証拠を押さえられて関係を続けざるをえないインテリ人妻OLが陥落してしまう回です。仕事が忙しいという理由で部下に犯される日々。旦那と息子に心の中で謝罪しながら、必死に堕ちる心を食い止める様子が最高にエロいです。しかし旦那と息子に電話をしながら不倫している状況で感じまくってしまったことで完全に堕ちてしまいます。
【エロ漫画】転属してきた部下に泥酔して油断したインテリOLが勢いで不倫してしまう!【オリジナル】

【エロ漫画】転属してきた部下に泥酔して油断したインテリOLが勢いで不倫してしまう!【オリジナル】

冬の紫陽花の第一話です。すべてはここから始まってしまった寝取りエロ漫画です。キャリアウーマンのインテリ人妻OLのグループに転属してきた部下、それは家庭教師の教え子でした。懐かしさから歓迎会で飲みすぎてしまった人妻OLは元教え子の部下に送ってもらいますが、重みを感じて起きると知らない天井が目に入ります。上に乗っているのは元教え子の部下で...。これは確信犯で追ってきたんでしょうね。そして寝取るために転属してきた...と。うーん、業が深い。
【エロ漫画】同僚との不倫に溺れている人妻が遂に旦那のいる自宅で寝取られセックスしてしまう!【オリジナル】

【エロ漫画】同僚との不倫に溺れている人妻が遂に旦那のいる自宅で寝取られセックスしてしまう!【オリジナル】

一度の過ちから部下との不倫に堕ちてしまっている人妻が遂に自宅でヤってしまいます。旦那もいる自宅に部下を招いて一緒に食事...既に悪い予感しかしません。気の弱い旦那も最近の妻の様子がおかしいことに気がついているような気配があります。それでも作戦を決行する部下。旦那が風呂に入っている間に激しく愛し合う。もはやインテリキャリアウーマンの面影もありません。しかし完全に女になってしまった身体は後戻りできそうにありません。
【エロ漫画】人妻キャリアウーマンが出来心で部下と関係を持ってしまった結果、証拠を抑えられて寝取られていく...【オリジナル】

【エロ漫画】人妻キャリアウーマンが出来心で部下と関係を持ってしまった結果、証拠を抑えられて寝取られていく…【オリジナル】

バリバリのキャリアウーマンにして優しい旦那もいるという完璧な美女が、一時の気の迷いで部下と不倫してしまう。一回限りの関係で今後は関わらないようにしたのに、その部下は知らないうちに写真を撮影して浮気の証拠を持っていた。バラされたくなければと脅されたOLは、終業後のオフィスで全裸にされ、フェラ奉仕させられることに。会社で不倫しているという状況に背徳感を覚えながらも、同時に興奮も覚えてしまう女上司。そんな姿に部下のチン○も硬さを増していく。さらにそこに忘れ物を取りにきた仲の良い女子の部下がやってきて...。

ページの先頭へ HOMEへ