天子ちゃんは本当に紫さんを挑発するのが好きですね。壁に耳あり障子に目あり。そこらへんの空間に穴あり。紫さんの悪口はどこでも伝わってしまいます。そして悪口を言われたからと言って激怒するような甘い人手はありません、紫さんは。あくまでも冷静に、しかし生を諦めるしかない表情で襲いかかります。ポトリと穴に囚われた天子ちゃん。冷酷な紫さんの言葉どおりに現れた罪袋たちに取り囲まれ、陵辱の限りを尽くす大乱交を受けることに...!