美人の家政婦さんへの想いが日に日に高まっていく坊っちゃん。ついに抱きついてしまいますが、強く拒否されてしまいます。自分が悪いとわかっているので反省しますが、その夜に家政婦さんがスケスケネグリジェでやってきます。謝りながら抱かれても構わないという家政婦さん。それが父親の命令だとわかっている坊っちゃんは複雑な気分になりますが、それでも抱いてしまいます。そして決意します。立派な大人になる、と。