本当に好きならいいじゃないの!と言えるのは他人だからです。美術部の顧問をしている教師と教え子が禁断の恋愛をしています。既に肉体関係まで持っています。しかしラブホに入るところを目撃されてしまい、責任を取って学校を辞めることにします。いつものように美術室で二人きりの時間を過ごしますが、いつもは学校ではダメだという教師が初めて学校で最後までヤっちゃいます。それはお別れを意味しているのですが、そのことを知らない教え子は嬉しそうに微笑みます。何も言わずに姿を消した教師は、その後、個展を開くほど才能を開花させていき...。