数年ぶりに再会した幼なじみが超絶美人に成長していました。そりゃ、もう、誰かわからないぐらいに。こんな美人と幼なじみだったのか...なんて感慨にひたる間もなく思い出されていくのは、男勝りだった幼なじみにイジメられているほろ苦い過去。たしかによく遊んでいましたが、若干トラウマ気味というか苦手というか。それなのに両親は久々に二人で祭りに行けとけしかけてきます。浴衣で現れた幼なじみは確かに美人なのですが、相変わらずというかなんというかのツンツン態度。あんまり楽しくはなかったのですが、鼻緒が切れてからは少し態度が変わっていき...w