だからあれほど紫さんは危険だと(以下略)八雲紫を倒そうと必死になる比那名居天子。天子ちゃんでは紫さんには勝てません。紫さんは恐ろしい人です。怒らないうちにごめんなさいして手を引くのが得策。しかし天子ちゃんは天人としてのプライドから敗北を認めることができません。そして言ってしまいます。紫さんを本気にしてしまう言葉を。「アンタみたいなババァに負けてらんないのよッ!」...おわかりいただけただろうか。この見事な自殺発言を。一瞬呆けて、ニィっと口元を歪ませて、優しく微笑む紫さんの殺意を。本気になった紫さんは天子をスキマに取り込んで過去のトラウマを再現します。それは父親に陵辱される内容で...。