お金持ちの御曹司はかなりの勘違いボーイです。今日も痛い自己評価を下しながら帰宅します。そんな彼を迎えてくれるのは毒舌クールな世話役。専属のメイドさんです。風呂か、食事か、それとも?挑発してくるような表情の彼女にギャーギャーと文句を言いますが、基本的に残念な男なので「それとも」を選択してしまいます。メイドからの奉仕を受け、まずはマン○に一発。そして続けてアナルで二発目。クール美人だったメイドもアヘ顔になって感じて...w