温泉に行くことになりました。射命丸さんに誘われたのです。ウキウキで誘ってくださったので、助手という関係でも期待してしまいます。しかも混浴で一緒だなんて、これはエロエロな展開...にならず。その後にお酒を飲みながら食事をして、いざ...ともならず。さっさと寝ようとする射命丸に背を向けてトボトボと自分の寝床に入ろうとすると、そこでようやく呼び止められます。一緒に寝ていいんですよ、と顔を真っ赤にして誘ってくる射命丸さんにあやややや。