娘を抱きたいと思っている父親、それを知っている娘の友人。最初は普通に誘惑しますが、父親は最後の一歩を踏み出せません。こうなることはわかっていたのでしょう。娘の友人はニヤリと笑い、結んでいた髪をほどきます。そして口調を変えます。そう、娘と同じような口調に。見た目も娘にそっくりな女の子に父親の偏愛が爆発してしまい、必死に我慢していた気持ちを抑えきれなくなって...。