遠い親戚の初恋の相手が亡くなって数年。小雨が降る参道を歩いて墓に向かっていると、キツネ面をつけた少女に出逢いました。その彼女は、まさに彼女。彼女の命日に、彼女が現れた。嘘だと思いつつも自分の名前を呼んで求めてくる彼女は、どう考えても彼女でしかない。求められるがままに参道でエッチしてしまい、さらに雨宿りがてら屋根の下でイチャラブエッチを継続します。もう失いたくないと願う男。しかし目を覚ますと彼女はいなくなっていました。肩を落として墓に行くと、そこには叔母さんがいて...!