盗撮マニアのキモオヤジによって弱みを握られてしまったJKは、それから毎日のように呼び出されてエロいことをされています。こんなオヤジに抱かれたくなんてない。だけど従うしかない。あまりにも嫌なので身代わりを差し出すと言ってしまいます。我ながら最悪だと思いながらも、どうしても助かりたい。そして声をかけたのは親友。彼女を身代わりにするなんて...それでも連れていって撮影に協力するも、それで約束どおり解放されるはずもなく...w