クラス委員長の女の子には好きな人がいます。その人のことを思って毎日どころか毎朝毎晩オナニーしてしまうほど好き。でも彼は人気があるので、なかなか進展しません。そもそも脈があるのかも怪しい。それでも彼女は彼への想いを募らせていきます。もう妄想だけでは我慢できない。エスカレートしていくオナニー。今日は彼の縦笛ですることに。誰もいない教室で彼の縦笛を使ってオナニーしていたのですが、そこに下衆いクラスメイトがやってきます。彼にバラされたくなかったらと脅迫された委員長は...。