仲良しグループで卒業旅行にでることになりました。遅刻魔で天然の同級生が好きな男は、遅れてきて息切れする彼女を見てドキドキ。ただ、問題が。使う車が小さくて定員オーバーだったのです。乗れない。誰か一人置いていくわけにもいかず、誰かが膝の上に座ることに。立候補したのは遅刻魔の彼女でした。そして周囲から指名されたのは主人公。なんでも童貞だから手も出さないだろう、と。たしかに手は出しませんが、童貞にとっては刺激が強すぎる状況。さらに彼女も勃起していることに気づいているのに受け入れて...w