豊聡耳神子が特殊な歌によって抵抗できないようにされて陵辱されます。札を貼って声を完全に聞こえなくしていたのに、どうしようも抗えず、さらに耳を解放されてしまい、ニヤニヤと陵辱されていきます。元々この人間によって堕ちていた豊聡耳神子ですが、最後の砦までなくしてしまいます。