「虜ボイス」の記事一覧

新着記事
おすすめ記事

「虜ボイス」の記事一覧

【エロ漫画】小声だけど美声な文学少女の先輩の小説のためにエッチな取材を繰り返した結果...w【オリジナル】

【エロ漫画】小声だけど美声な文学少女の先輩の小説のためにエッチな取材を繰り返した結果…w【オリジナル】

地味系の美人で小声。あまり存在感がない文学少女な先輩ですが、その声は神のような美声です。その小さな美声の虜になっている後輩くんですが、二人の関係は複雑です。先輩の小説を書く手伝いをしているのですが、その取材はもっぱらエロいことです。先輩の小説にリアリティーを出すために必要な行為ですが、先輩に恋している身としては取材ではなくもっとラブラブしたい。それでもあくまでも取材にすぎない。どうしたらいいのかわからないまま想いが爆発してレイプのような状態になってしまい...。
【エロ漫画】地味だと陰口を叩かれる文芸部の先輩の天使ボイスが学校中に知られてしまったことで嫉妬した俺は...!【オリジナル】

【エロ漫画】地味だと陰口を叩かれる文芸部の先輩の天使ボイスが学校中に知られてしまったことで嫉妬した俺は…!【オリジナル】

虜ボイスの続きです。天使のような声色だけど超小声だから誰もそれを知らない。文芸部で前髪も長く、周囲からは地味で目立たないと陰口を言われてしまうぐらいの先輩。そんな先輩が全校集会でクラブ活動の功績(エロい意味じゃなくて表向きの)を讃えられることに。そこでのスピーチで披露された先輩の天使ボイス。マイクを通せば小声でも皆に聞こえますからね。そこから彼女の評価は一変し、校内で一番人気の先輩になってしまいます。毎日のように告白される先輩。既に彼女になっていますが、それでも嫉妬し、不安になった男は...。
【エロ漫画】超小声だけど天使みたいな声質をする文芸部の先輩と官能小説の取材を続けた結果、お互いに我慢できなくなって...w【オリジナル】

【エロ漫画】超小声だけど天使みたいな声質をする文芸部の先輩と官能小説の取材を続けた結果、お互いに我慢できなくなって…w【オリジナル】

だから文学少女は反則だと言っとろうに。超小声な文芸部の先輩は、いつも抱きつくように密着して話してきます。そうしないと聞こえないのだから仕方がないのですが、周囲のヒソヒソ視線が刺さる。でも、そんなことどうでもよくなるぐらいに愛おしく感じてしまう。しかも声質が天使みたいに美しくて可愛いとくれば、いつ抱きしめてもおかしくない。そんな二人の関係は官能小説の実践取材相手です。この清純先輩は官能小説家でもあるんですね。今回はレイプ物の取材ということで、部室で無理やりパイズリするのですが、お互いに我慢できなくなってしまい...。

ページの先頭へ HOMEへ