既に変態として出来上がっているドM雌犬が調教屋の男に調教をお願いにきます。既に出来上がっているので調教屋もノリ気ではないのですが、その依頼内容の濃さ、何よりも変態としての熱い情熱にほだされて調教します。ギャグノリですが、内容は変態です。特に縄が擦れてあふぅんという定番だけどなかなかお目にかかれない調教が楽しめるあたり、この作者さんは生粋の変態なんだろうなとドキドキしてしまいます。