お人好しの同級生の女の子が文化祭の準備で常にワチャワチャと動き回っています。頑張り屋さんなので頼まれると断れないのでしょう。それでも役に立てるなら!と笑顔で言える、まさに天使のような女の子です。ただ作業の都合で学校に泊まるということには賛成できない。代役として主人公の男が泊まることになります。お人好しちゃんは、やっぱり気になって夜の学校に忍び込みます。そして寝入っている男を膝枕し、キスします。目が覚めた男はテンパりますが、そこで彼女が言ったのは、チャンスだと思った、と。それは男にとってもチャンスなわけで...w