家に帰るとミクさんが「ててて」っと駆け寄ってきて例のセリフを。夢のようなラブラブ同棲生活ですが、就職して慣れない社会の荒波を感じているマスターはヘトヘト。ご飯もお風呂もミクさんもなしで即寝してしまいます。お疲れのマスターのことは心配ですが、いくらミクさんと言っても寂しくなってしまいます。切ない。だから寝ているマスターに夜這いを仕掛けることに。騎乗位で挿入しようとしたところで起きたマスターは、疲れも忘れてミクさんを愛します。