半年ぶりに地元に帰ってきたらクソ可愛い幼なじみの彼女がお迎えしてくれました。ぴょんぴょんと跳ねながら手を振るとか、なんてあざとい。それでも可愛いです。堪らんです。早速抱きついてきて「女の匂いがする」とお決まりのお困りセリフ。どこまでいってもあざといです。あざとくても可愛いからいいのです。耳が弱点なのでふーっとしたら「ひゃうん」と公共の場で嬌声をあげてしまうあたりも最高ですね。でも、むくれてしまいました。そんな時はキスすればいいのです。そしてそのままイチャラブエッチに...w