第六駆逐隊と温泉でイチャラブするけしからん本です。実にけしからん。そんなことしているから司令官なのだ。なんというけしからん司令官だ。だが、いい。もっとお願いします。電、雷、暁、響とハーレムプレイできるなら、もう何でもいいよね。だってそのためにプレイしているんだから。第六駆逐隊と仲良くキャッキャウフフできたら、それが司令官の幸せなのです。ああ、こんな生活がずっと続けば...イクちゃんよ、君の仕業か。