やはりCLANNADは人生です。宮沢有紀寧、坂上智代、藤林杏、一ノ瀬ことみが各々で乱交される本ですが、全員が嫁すぎて複雑な気分です。俺の嫁が乱交されている。イチャラブエッチだと物足りないので興奮しますが、それでも乱交されている。さらに一人ずつなので、俺の有紀寧ぇさんに何すんじゃい、俺の智代に何すんじゃい、俺の杏に何すんじゃい、俺のじゃなくていいからことみは勘弁してやってくれ、と感情的にも大忙しです。ことみルートが大好きですが、やっぱり杏を見ると一番の嫁と感じるあたり、恋愛についての深さについても考えることができました。